今村由男展

2021年9月18日[土]— 9月26日[日]11:00am -6:00pm

月を愛でる(エッチング/木版 335 x 445 mm 制作年 2020 ed48)

今村 由男 Yoshio IMAMURA
1948 長野県に生まれる。 独学で版画を始め、銅版画家・中林忠良氏に私淑する。
1989 日本版画協会展・準会員賞、ニューヨーク国際ミニアチュールプリントビエンナーレ受賞、バラトヴァバン国際版画ビエンナーレ・特別賞、日仏現代美術展・佳作賞(90年フランスソワール賞2席、フィガロ賞3席)
1991 アトリエコントルポワン(パリ)に留学し、1版多色刷り銅版画を学ぶ
1995 パシフィックリム国際版画展・ハワイ州教育・芸術財団買上賞(1997、2000年)
1997 文化庁特別派遣在外研修員としてパリ、アトリエコントルポワンに留学
1998 フィンランド国際ミニプリント展・特別賞
2000 カダケスミニプリント展・受賞。翌年審査員を務める。
2008 ニュージーランドパシフィックリム国際版画展・審査員特別賞
2009 ソウル空間国際版画ビエンナーレ・買上賞、スプリット国際グラフィックアートビエンナーレ・特別賞(クロアチア)
2011 CWAJ現代日本版画展・第1回運営委員会賞、モロッコのアートフェスティバルに招聘され滞在制作を行う。
2017 スプリット国際グラフィックアートビエンナーレ・グランプリ(クロアチア)
2019 中国Guanran国際版画ビエンナーレ 最高栄誉賞受賞
2019 クロアチア、スプリット国際版画ビエンナーレグランプリ受賞記念個展 クロアチア、スプリット 10月~11月

ガウラの咲く庭(エッチング/木版 460 x 360 mm 制作年 2020 ed48)

Botticelliの庭(フレスコセッコ 180 x 140 mm)

川野恭和展

2021年9月4日[土]— 9月12日[日]11:00am -6:00pm

白磁蓋物 size 26 x 23 x 23 cm

ルリ細しのぎ切立コーヒーC/S・黒磁茶壺

川野 恭和 Michikazu KAWANO
1949  鹿児島県志布志町に生まれる
1974  瀬戸窯業専修訓練高卒  瀧田項一氏に師事
1980 鹿児島県大口市に築窯
国画会展前田賞受賞・日本民藝館展奨励賞受賞

森永豊展 詩的吹きガラスたち

2021年7月17日[土]— 7月25日[日]11:00am -6:00pm

森永 豊 Yutaka MORINAGA
1961 鹿児島県川内市(現薩摩川内市)生まれ
1994 東京ガラス工芸研究所パートドヴェール科を卒業
1994 北海道立工業試験場野幌分場に於いて研修
1995 広島県福山市「グラスヒュッテ」に於いて舩木倭帆氏に師事
2000 薩摩川内市に築炉

熊谷守一展

2021年7月3日[土]— 7月11日[日]11:00am -6:00pm

「赤トンボ」シルクスクリーン 画寸 33x24 cm 

 熊谷 守一  KUMAGAI MORIKAZU
1880年 岐阜県恵那郡付知村(現中津川市付知町)に生まれる
1900年 東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画科に入学
1909年 第3回文部省美術展覧会に<蝋燭>を出品、褒状を受ける
1910年 実母の死を機に故郷に帰り、そのまま6年を過ごす
1916年 上京して第3回二科会展に出品、二科会会員に推挙される
1930年代より墨絵を描き始め、晩年書も書くようになる
1932年 豊島区長崎町(現千早)に移り住み、生涯ここで生活する
1940年代より輪郭と平面による独特なスタイルの油絵になる
1964年代には日本各地でも数多く個展が開かれるようになる パリで個展開催
1967年 文化勲章を辞退する
1977年 8月1日死去 享年97歳  

「茄子と仔猫」シルクスクリーン 画寸 33 x 24 cm