綿引明浩展

2018年4月20日[金]ー 4月29日[日]11:00am -6:00pm

[略歴] 綿引 明浩(わたびき あきひろ)
1984  東京藝術大学美術学部首席卒業 買上賞
1984  第2回西武美術館版画大賞展 優秀賞
1986  東京藝術大学大学院修了
1987  現代の版画 松涛美術館
1990  アートは楽しい ハラミュージアムアーク
1993  今日の水戸の美術 茨城県立美術館
1999  リュブリアナ版画ビエンナーレ
2002-3 文化庁芸術家海外派遣 スペイン
2004  西方見聞録 渋谷東急文化村ギャラリー
2005  DOMANI 損保ジャパン美術館
2006  空想図鑑 船橋アンデルセン公園美術館
2008  台北アートフェア
2011  KIAF 韓国国際アートフェア
2013  新島国際ガラスアートフェアー
2014  釜山アートショウ
2015  さかさまの絵画 常陽資料館

<作品所蔵>
東京藝術大学資料館
原美術館
東京国立近代美術館
茨城近代美術館
水戸博物館
カナダ アルバータ州立大学
新島ガラスアートミュージアム

壺と花器展

2018年3月2日[金]ー 3月11日[日]
11:00am -6:00pm

大島 結 Yu OHSIMA
1975 和歌山県生まれ
1998 信楽窯業試験場にて研修
1999 窯元にて修行(-2003)
2006 築窯(穴窯)
2007 初窯を焚く
和歌山県田辺市長野・高尾山の中腹で土地の土を水簸し、蹴ロクロで成形し、主に梅の木を薪にくべ、穴窯で焼成している

川野恭和 Michikazu KAWANO
1949 鹿児島県曽於郡志布志町生まれ
1974 愛知県立瀬戸窯業専修訓練校卒業 瀧田項一氏に師事
1980 鹿児島県大口市に築窯
1981 日本民藝館展初入選
1984 国展初入選
1985 国展前田賞受賞
1991 日本民藝館展奨励賞受賞
2003 国画会会員に推挙 現在 国画会会員

髙橋直樹 Naoki TAKAHASHI
1951 東京生まれ
1974 日本大学理工学部交通工学科卒業 ガラス工芸家・矢野担先生に師事 ガラス制作を始める
1975 岩津硝子(10年間)吹きガラス職人として勤務
1981 吉野芸術村に築窯 吹きガラス作品制作開始
1983 明日香村阪田に築窯 自宅兼工房(明日香むらの吹きガラス)立ち上げ
1984 東急ハンズ大賞 デザイン賞
2017 あべのハルカスにて個展

松形恭知 Kimitomo MATSUKATA
1951 東京生まれ
1997 第71回国展入選
1998 第2回益子陶芸展審査員特別賞
1999 第15回日本陶芸展入選
2000 日本民藝館展入選 以後、国展、益子陶芸展、日本陶芸展、日本民藝館展などに入選、入賞
2006 国画会工芸部準会員推挙 宮崎県国富町三名に築窯 以後、各地で個展を続ける

三星善業 Yoshinari MITSUBOSHI
1951 和歌山県・高野山に生まれる
1980 目黒威徳氏に師事 森岡成好氏に師事
1986 高野町神谷に築窯 独立
1996 高野町杖ケ藪に穴窯築窯
現在、高野町杖ケ藪(旧杖ケ藪小学校)で穴窯による灰釉と焼き〆の作品を制作