綿引明浩展 Doodle

2016年6月17日[金]ー 6月26日[日]11:00am -6:00pm

[作家在廊日]17日(金),18日(土)

=================

[略歴] 綿引 明浩(わたびき あきひろ)
1984  東京藝術大学美術学部首席卒業 買上賞
1984  第2回西武美術館版画大賞展 優秀賞
1986  東京藝術大学大学院修了
1987  現代の版画 松涛美術館
1990  アートは楽しい ハラミュージアムアーク
1993  今日の水戸の美術 茨城県立美術館
1999  リュブリアナ版画ビエンナーレ
2002-3 文化庁芸術家海外派遣 スペイン
2004  西方見聞録 渋谷東急文化村ギャラリー
2005  DOMANI 損保ジャパン美術館
2006  空想図鑑 船橋アンデルセン公園美術館
2008  台北アートフェア
2011  KIAF 韓国国際アートフェア
2013  新島国際ガラスアートフェアー
2014  釜山アートショウ
2015  さかさまの絵画 常陽資料館

<作品所蔵>
東京藝術大学資料館
原美術館
東京国立近代美術館
茨城近代美術館
水戸博物館
カナダ アルバータ州立大学
新島ガラスアートミュージアム

武田史子

記憶の旅 (31.5 x 50.0 cm 銅版画)

interview

版画の中でも木版画や石版画でなく、銅版画を選ばれたきっかけを教えてください。

 銅版画を選んだというのは偶然というか仕方なく……から始まりました。藝大の前に多摩美術大学のグラフィックに行っていましたがそこで版画の選択授業があり、その当時アンディ・ウォーホールを知りシルクをやりたかったのですが、教室は溢れんばかりの人で入れず次にリトグラフ教室を見てもかなりの人でダメで、最後に仕方なく入った部屋が銅版画で数人の学生でした。
 その当時、きっと有名な先生もいらしたかと思いますが、全然覚えてなく最後の講評会で少し褒められたのが嬉しかったことだけを覚えています。
 その後、藝大デザインに入り直し、2年次に版画の選択授業があり一度経験があるなら続けてみればと言われ、当時地下にあったデザイン科の版画工房が居心地よく担当教授も洋画を描かれていたので、そのまま卒業制作も修了制作も銅版画を制作し、有難いことに修了制作が買い上げになりました。ただ、大変だったのが、基本形は教わりましたがほとんど独学で、今も絵画科(油画)の版画専攻に方々にはコンプレックスだらけです。

影響を受けた作家を教えてください。

 版画では、駒井哲郎、長谷川潔、浜口陽三、清宮質文、深澤幸雄氏の本でかなり勉強しました。あとは大御所の作家(欧州、日本)の作品をよく観ます。誰とは多すぎて……です。好きだなと思えばどんな作品(絵画も彫刻等々)も観ます。

普段、制作で大切にしている道具は何でしょうか?

 一番大切にしているのは、職人さんに作って頂いたバニッシャー2本です。既製品のバニッシャーも使用しますが、太さ、カーブの具合が絶妙でとても使いやすい品です。

コロナ禍がなかなか落ち着かない状況が続いています。訪れたい場所や会いたい人を教えてください。

 今、訪れたい場所は、欧州。両親と一緒によくイタリア、フランスの田舎に旅行していました。欧州は美術館を含めてどこに行っても見るべき場所や出会う風景等があり、刺激になります。それと友人の居るオランダとベルギー。レンブランドハウス、ベルギー/ヘントの祭壇画は、実際に行ってみたいところです。

廻る時間(44.4 x 32.4 cm 銅版画・彩色)

武田 史子(たけだ・ふみこ)
1963年 東京都生まれ
1989年 日本具象版画展 優秀賞
1991年 東京芸術大学大学院美術研究科 修了(修了制作買上賞)
1993年 第5回和歌山版画ビエンナーレ 入選
     第2回高知国際版画トリエンナーレ 入選
     第2回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ 入選
1997年 The Royal Academy Illustrated A Souvenir of the 229th Summer Exhibition
     (The Royal Academy of Art/ London, U.K )
1999年 第23回リュブリアーナ国際版画ビエンナーレ 招待出品
2000年 文化庁買上げ優秀作品(現代選抜展・文化庁)
2003年 The 11th International Biennial Print and Drawing Exhibition
2003年 R.O.C(Taiwan Museum of Art / Taiwan )
2004年 文化庁国内研修員
2005年 Seoul International Print,Photo&Edition Work Arts Fair
2013年 第1回京都版画トリエンナーレ 推薦出品(スポンサー賞)
2016年 アワガミ国際ミニプリント展(賞候補)
2017年 高知国際版画トリエンナーレ展(佳作賞)
2017年 アワガミ国際ミニプリント展(優秀賞)
パブリックコレクション 東京芸術大学 本間美術館 文化庁 

ヒロ画廊 Hiro Art Gallery

🔰 ヒロ画廊に初めてお越しのお客様へ(お車でのご来場)

⚠️ 画廊の入口付近へご駐車いただくことは出来ません

画廊周辺は、生活道路のため道幅が大変狭くなっております。画廊近くの大きい道路沿いに駐車しやすい場所をご準備しております。

🅿️ 県道沿いの広い駐車場をご利用下さい。

📍 カーナビゲーションをご利用して来場される場合は「学文路(かむろ)小学校」を目標にご来場ください。ヒロ画廊の駐車場は、小学校から西へ50mほどです。

展示日程 2024年

7月 6日(土)- 7月14日(日)イブラヒム恵美子展(ガラス絵)*ヒロ画廊 初展示

7月20日(土)- 7月28日(日)髙橋直樹のガラスと安芸真奈の木版画展(ガラス・木版画)

ヒロ画廊について

画廊代表 廣畑 政也

所在地  648-0043 和歌山県橋本市学文路かむろ861

代表電話 0736(32)8320 

メール  mail@hiro-gallery.com

営業日  展示会開催中・不定休   

営業時間 11:00〜18:00

美術品商 和歌山県公安委員会許可第65101000032号

画廊の思いと歩み

ヒロ画廊のホームページへお越しいただき、ありがとうございます。毎月の展示会企画をはじめ、ご来場の皆さまには、お気に入りの絵画や美術品を見つけていただいています。

代表の私は、40年前に美術商の業界に入り、関西での画廊勤務を経て1997年に独立し、現在の地に画廊を設立しました。
のどかなこの地で、画廊を運営出来ていますのも、情熱をもって作品を制作する作家の方々、お運びいただいておりますお客様方のおかげです。

培った経験と信頼をもとに皆さまの日常を豊かに出来る美術作品をご紹介してまいります。

2024年1月吉日
代表 廣畑政也

過去の展覧会記録
▷ 2003〜2015年

投稿日: カテゴリー toppage