安芸真奈展


2018年8月3日[金]ー 8月12日[日]11:00am -6:00pm

[作家略歴]
安芸 真奈 Aki Mana
高知県生まれ 高知大学卒業
1997 第1回多摩国際版画交流展 / ポーランド・日本(パルテノン多摩、東京)
1998 “Space”現代日本版画展(ティコティン美術館、イスラエル)
1999 ぶどうの国の国際版画ビエンナーレ [招待出品](山梨県立美術館)
2001 あおもり版画トリエンナーレ(青森)
2002 50周年記念 現代日本版画展 (ティコティン美術館、イスラエル)
2002 日本の木版画(ULSTER大学、他、イギリス)
2003 “紙と版画”日本・オランダ版画展 (Zaans Museum、オランダ)
2003 インターコネックション-ミニ・プリント展(カナダ)
    ポーランド・日本 クラコウ国際版画トリエンナーレ特別展(ポーランド)
2004 ラテンアメリカ版画ビエンナーレ日本展(アルゼンチン)
2006 Grafiek manifestatie 版画宣言(オランダ)
2010 HOT PLATE – ブライトン国際版画展 (イギリス)
2011 日本・ベルギー版画国際交流展 (ギャラリー@KCUA、京都)
2012 イメージの叫び パワー・オブ・創作木版画(府中市美術館)
    第1回ノヴォシビルスク国際版画トリエンナーレ展 (ノヴォシビルスク、ソ連)
2013 Sint-Niklaas 2013 bookplate and small printmaking competition(ベルギー)
2014 第9回高知国際版画トリエンナーレ展(第5,6,7,8回、いの町紙の博物館 高知)
   「対峙する刻・風」イタリア・日本版画展 (ヴィツェンツァ、イタリア)
   「HANGA / 日本とベルギー 版画の今日」(セントニクラス市立美術館、ベルギー)
2015 日本ベルギー版画国際交流展 (U-FORUM MUSEUM, 東京)
    Pray for Peace 平和への祈り−ポルトガル・日本現代美術展(長崎、ポルトガル)
2016 「紙上創作」台日韓美術交流展(台南市立新営文化中心、台湾)(巡回展—桃園)
日本版画協会展 [1989年より毎年出品](東京)
2017  第61回CWAJ現代版画展併設展 刀で描くー無限に広がる木版画(フレデリックハリスギャラリー、東京)
他、グループ展多数

日本版画協会会員、プリントザウルス国際版画交流協会会員、日本美術家連盟会員

あごぱん展 パンダ的解釈銀幕之図


2018年7月20日[金]ー 7月29日[日]11:00am -6:00pm

[作家略歴]
あごぱん AGOPAN
1979 鹿児島生まれ
2002 鹿児島大学教育学部学校教育教員養成課程社会科卒業

[個展歴]
2012 「パンダ的解釈北斎之図」ホワイトギャラリー(鹿児島)
2013 「パンダ的解釈万国博覧之図」ギャラリートリニティ(東京)
2014 「オンセンシティ」Shonandai MY Gallery (東京)
2014 「パンダ・ハンドレッド」 U1SPACE(鹿児島)
2015 「パンダの激流」Shonandai MY Gallery (東京)
2016 「神輿を担ぐ」Shonandai MY Gallery (東京)
2016 「当機は間も無く離陸します。」ホワイトギャラリー(鹿児島)
2017 「パンダの森展」霧島アートの森(鹿児島)

木の表現展 -赤松功・小山亨・杉田修一・橋本康彦-


2018年7月6日[金]ー 7月15日[日]11:00am -6:00pm

赤松功
1949 愛媛県生まれ 
1972 武蔵野美術大学別科実技専修科油絵卒業
2010 個展 現HEIGHTS・ Gallery DEN 
2012 CAF・N展(埼玉近代美術館)、波動展(福島県)
2013 中之条ビエンナーレ 
2014 国際野外の表現展(入間市AMIGO! )、個展(AMIGO! )

小山亨
1986 長野県にて木工の基礎を学ぶ
1989 California College of the Redwood ジェームズ・クレノフ の元で学ぶ
1991 大阪インテリア 末包茂樹一級建築士事務所にて活動
1996 河内長野市にて木工房K Factory開設
1999 千早赤阪村に工房を移転

杉田修一
1953 倉敷にて生まれる
1975 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
1987 倉敷に帰郷 自宅にて絵画教室を開設
1994 第11回ハンズ大賞入選
1997 年賀状、岡山県内版に水彩画「岡山城」が採用される
1999 ふるさと切手の原画に採用される

橋本康彦
1954 福島県いわき市に生まれる
1979 澤田政廣 に師事 高村光雲一門となる
1990 メリーランド美術大学客員芸術家(国際交流基金人物交流)、不動明王立像建立(ベクトン・ディッキンソン本社設置)(~1992年)
1999 阪急百貨店梅田本店個展(2001年、2003年開催)
2017 ヒロ画廊(和歌山)個展

紙の表現 奥野誠・奥野佳世展

2018年6月15日[金]ー 6月24日[日]11:00am -6:00pm

[略歴] 
奥野 誠(おくの まこと)
1975 武蔵野美術大学造形学部油絵専攻卒業
1977 大阪にアトリエを構え、関西、東京を中心に作品を発表する
1984 龍神国際芸術村へ移住、その運営に携わる 紙漉きと、 その技法による作品の制作を始め、 紙漉きワークショップ・展覧会を各地で開催
1988 芸術村開村5周年記念展を企画、開催
2006,07和歌山大学紀南サテライト授業「現代社会と紙漉き」開講
2008,09山路紙 紙漉き工房開設
2011 全国手漉和紙青年の集い和歌山大会を龍神で主催
2013 龍神国際芸術村開村30周年記念芸術祭、「Art in 龍神村」開催
2016 和歌山県名匠表彰を受ける
2017 名匠表彰受賞記念展(県民文化会館、和歌山市)、
奥野誠紙の世界展(紀南文化会館、田辺市)、東京都中央区区民講座にて講演

奥野 佳世(おくの かよ)
1975 武蔵野美術大学造形学部油絵専攻卒業
1976~84大阪の公立中学、高等学校にて美術指導
1984 アートスペース虹(京都)にて個展  龍神村に移住、龍神国際芸術村アートセンターにて村おこしの活動を始める 紙漉き、草木染による創作活動を始め現在に至る
1992~ 東京、北海道、和歌山、大阪、三重、兵庫などにて展覧会開催
2012~14草木染和紙薄様の研究と製作(助成 公益法人ポーラ伝統文化振興財団)
2017 東京都中央区区民講座にてワークショップ講師
奥野誠・佳世二人展(みやまかやぶき美術館、南丹市)、二人展(ギャラリー砌、東大阪市)