川野恭和

今から90年前、大正期の日本において、社会を「美」で変革しようとした珍しい運動が若者たちによって唱えられました。庶民の生活や日常の雑器にある、自然の恵みや伝統の力、生活の力を含んだ実用品にこそ確かな「美」が潜んでおり、富貴に飾られた美術品でなく名も無き日用品にこそ、本物の美が潜んでいるという思想が造り出されました。

1926(大正15)年1月、「民藝運動」と称されたその運動を率先した思想家・柳宗悦は、盟友である河井寛次郎・濱田庄司らとともに、日本各地の民衆的工芸品を蒐集する旅の中、木喰上人の日記を頼りに寄った紀州で、雪道の坂を踏んで高野山に登りました。そこで、現在も宿坊を運営されている西禅院で泊まった三人は「日本民藝美術館設立趣意書」を書き上げ、その趣意書をもとに「民藝」の歴史は動き始めました。

今回ご紹介する川野恭和さんは、瀧田項一(栃木県文化功労者)に師事され、現在、国画会の工芸部門において後進を先達する立場にもあります地元鹿児島県をはじめ東京銀座、関西ここヒロ画廊など全国各地で作品発表を行われています。民藝の思想をベースに牢乎とした美しさを1点1点の作品に注ぎ込まれ洗練された白磁に丁寧に削がれた鎬や面取り定番のコーヒーカップや花器ティーポットをはじめ食器全般を中心に制作されています 。実際に窯を訪れたことのなかった私は今回の個展にあたり鹿児島県を訪れました。 

艸茅窯(そうぼうがま)は、鹿児島県伊佐市大口の市街地から離れ、広々とした田畑に囲まれた場所にあります。 この地で約30年前より生活され、窯を運営される川野ご夫妻。お二人は、宮城県で約40年前に開催された日本民藝青年夏期学校で出会われました。川野さんは窯業の訓練校を卒業されて陶芸家として駆け出しの頃、奥さまの經子(けいこ)さんは父のすすめにより夏期学校に参加され、そのときの講師は前出の濱田庄司でした。

「陶芸も絵もそうだけど、それらを生業にして喰っていくことは並大抵じゃない。けど、その点はお義父さんが文化や美術に対する造詣が深いことで、(結婚することに)理解してもらえました」經子さんの父は仙台・丸善(現・丸善雄松堂書店株式会社)の書店員で西洋文化や陶芸にとても理解のあった方でした。

「(お義父さんは)仙台の丸善で企画された、長谷川利行展でも自分で作品を買って楽しんでいました。(經子さんと)付き合いだして間もない頃、書店員だけに家に行くと作家の面白い本がいっぱいありました。なかでも秋岡芳夫と安野光雅。二人とも駆け出しのころだったけど、書店でもそういった『この作家は売れるぞ』という才能の原石ある作家の本を平積みにしては、お客さんに紹介していたようです。読書週間になれば、仙台の各所でよくエッセイも書いていました。長谷川利行もそうだし、秋岡、安野……美術や陶芸に対する先見の明は確かにあったのだと思います」当時、丸善は近代日本における西洋の文化・学術紹介に貢献し、その気風は「丸善文化」と呼ばれていました。前述の民藝運動が盛んな頃、『白樺派』の若者たちは丸善から欧州の新しい芸術思想を仕入れ、バーナード・リーチと議論を戦わせたといいます。梶井基次郎『檸檬』や芥川龍之介『歯車』にも当時の丸善文化を示唆する描写が作中には残されています。  

「鹿児島に嫁いでから働きに出たことがないんです」そう言い切られる經子さん。ご主人の陶芸制作を付きっきりでサポートし、傍らでは4人のお子さんを育てられました。一方、東京の展示会では必ず同伴し、作品の説明やお客様の生の声を聞かれています。「うち(艸茅窯)で作っているものは、食器としたら安価ではないです。でも永く楽しんでいただけるのは間違いないですし、コンクリートに落としても割れないときもあります。それに、陶芸家にしろ、ものを作る人って説明や、そんなお話しをされないでしょ。主人もよく喋るようになったのは、年を重ねてからですね」 「かみさんには助けられっぱなしですよ。俺が生きるか死ぬかってぐらいしんどいときでも、家の戸締まりを確認してから病院に連れて行きますから。それほどいつも落ち着いています」二人の会話からは、夫婦として、パートナーとしての強い結びつきを感じさせられます。

約一世紀前に若者たちの狂熱をともなって高野山で胎動の一つが生まれた民藝。運動に奔走した濱田庄司、濱田に師事した瀧田項一がいて、彼らに薫陶を受けた川野恭和さん。
和歌山の画廊で、善く生きることを精一杯動き考えた陶芸家たちが創り継がれている「用の美」をご覧いただくことは、決して因縁めいたものではなく、日本人のライフスタイルに民藝の精神が茫洋と漂っている証しであり、世代を超えた清廉さと情熱の結晶にちがいありません。日常の限られたその瞬間を美で豊かにすることにこそ、柳らが追い求め続けた無心の「用の美」であり、川野さんが唱えられている「壷にはまった繰り返しの仕事」が生きるのだと確信しております。

[略歴]
川野 恭和(かわの・みちかず)
1949 鹿児島県曽於郡志布志町生まれ
1974 愛知県立瀬戸窯業専修訓練校 卒業 瀧田項一氏(栃木県文化功労者)に師事
1980 鹿児島県大口市に築窯
1981 日本民藝館展初入選
1984 国展初入選
1985 国展前田賞受賞
1991 日本民藝館展奨励賞受賞
2003 国画会会員に推挙 現在 国画会会員

構成・撮影 廣畑 貴之

橋本康彦

—現在、大阪府・千早赤阪村で生活と制作をされている橋本さんは、お若い頃に高村光雲の孫弟子・澤田政廣さんに弟子入りされています。

橋本 20代の頃は、芸大受験の為に浪人したり、違う仕事に就いたりして、東京にいました。師匠となる澤田政廣に出会い、住み込みの修行生活に入ったのが25歳のときです。師匠は、私が入門した当時で84歳で、すでに文化勲章も受章されて当代の木彫の第一人者で、1尺300万位で仏像を売られていたと記憶しています。

—「住み込み修行」というのが、想像つきません。

橋本 徒弟制度のようなものですが、最近は耳にしないですよね。休みは月に2日だけで、給料も無いに等しくて……現代では耐えられないと思います。毎日、師匠が起きる前に起きて静かに支度をして、師匠のノミを研いでおいて、粘土を耳たぶの柔らかさまで捏(こ)ねておくとかね。気遣いは大変でしたが、今思うと濃密な時間で、5年間の修行はとても勉強になって面白かったです。その後、30歳になって結婚を機に住み込みから卒業し、妻が妊娠したこともあって、一旦は福島県に戻り、東京の師匠のもとまで通って仕事をし、仕事をもらっては地元で制作をして東京に作品を送るといった、そういう生活でした。

—その後、国際交流基金の支援で、アメリカに渡られています。

橋本 澤田一門で独立して山梨で仕事をしていた先輩から「10メートルのお不動様を作ろう、それもアメリカで」と提案があり、まず私たち家族が渡米して、友人を介して新妻實先生(彫刻家・1930年 東京都生まれ。1955年 東京芸術大学彫刻科卒業 コロンビア大学助教授など歴任)と知り合いました。「日本の伝統文化を紹介するために、お不動様を制作したい。けれども、作る場所が無い」と伝えていると、新妻さんを介してメリーランド美術大学のフレッド・ラザルス学長が制作スペースとして大学内の一部を、スポーツ会社「HEAD」のハワード・ヘッド社長はカナダの上質なイエローシダーを提供してもらうなど追い風も吹きました。

—苦心されたこともかなり多かったのではないでしょうか。

橋本 他のスタッフ2人は日本に行ったり来たりでしたので、1年で作るつもりが3年にずれ込んだり、どうしても私1人で彫る時間が長くなりました。、納品先は、ニュージャージー州にあるベクトン・ディッキンソン社という医療機器の会社で、本社ビルのメインフロアに設置してもらえました。医療機器の会社として、人間と自然の調和を示す東洋的な作品を置きたかったようです。

—帰国後の生活と制作というのは?

橋本 帰国後は地縁は全く無かったのですが、福島県の知人の紹介と妻の提案もあって京都・西陣の長屋に住むようになりました。京都御所まで徒歩5分の、楽しい場所でした。

—西陣のような街中で彫刻の制作スペースを確保するのは容易ではなさそうですが……。

橋本 妻が通い始めた柳田宗葩(そうは)先生の茶道教室を通じて、織屋の奥さまから使っていない工場を制作スペースとして紹介してもらいました。そこから、京都での生活と制作の全てが始まりました。ただ、移住して10年目に、借りていた西陣織の工場の制作スペースも閉鎖になるとのことで、急きょ引っ越し先を探すことになりました。千早赤阪村には、兵庫県西宮市の画商さんを通じて、古民家に住んで15年になります。おかげさまで村で制作が出来て、知り合いも徐々に増えてきて、一昨年はヒロ画廊で、去年は10年ぶりに阪急うめだでの個展も開催してもらいました。

—お話しをうかがって、ひとつひとつの出会いを大切にされているように感じました。

橋本 今思うと、みんなご縁です。妻も含めて、自然に身を任せて直感で生きるタイプだと思っています。狩猟民族じゃないですが、一つの場所に留まり続けるタイプではないですね。今後も、千早赤阪村からどこかに移るかもしれません。


(売約済)河鍋暁斎より「猫又」 16 x 21 x 34 cm クスノキ・顔彩・金箔

[略歴]
橋本康彦(はしもと・やすひこ)
1954 福島県いわき市に生まれる
1979 澤田政廣 に師事 高村光雲一門となる
1980 日展・日彫展入選
1984 日彫賞受賞
1990  メリーランド美術大学客員芸術家(国際交流基金人物交流)、不動明王立像建立(ベクトン・ディッキンソン本社設置)(~1992)
1994  新妻實からの継承展Ⅰ(山梨県立美術館ほか)、僧形文殊菩薩像建立(盛永宗興老師発願 大珠院ウェスト安置)
1996  アメリカ・カービングスタジオ客員講師、新妻實からの継承展Ⅱ(関ヶ原マーブルクラフト)
1999 阪急百貨店梅田本店個展(2001、2003開催)
2000 石田梅岩像建立(京都府亀岡市)
2001 東急百貨店渋谷本店個展
2005 おおつき画廊個展(福島県福島市)
2007 おおつき画廊個展、フットクリエイト個展(京都)、彫刻シンポジウム(関ヶ原)
2008 いわき市石炭化石館個展(いわき市)第23回国民文化祭茨城県実行委員会会長賞受賞
2017 ヒロ画廊(和歌山)個展
2018 阪急百貨店うめだ本店 個展

真鍋井蛙

—2016年11月末、新年の個展に向けて、打ち合わせも兼ねて篆刻家・真鍋井蛙先生がヒロ画廊に来場されました。真鍋先生は作家活動30年以上、ヒロ画廊で展示をしていただき15年目、画廊店主の廣畑政也(以下、「ヒロ」)は、画商として30年、独立・開廊し2017年で20年を数えます。なにかと節目の年を迎えるお二人の対談をまとめました。

真鍋  最近、虫に喰われた古い経典の裏に「なむ」という文字を書いてみました。額屋さんに「拝みたくなるような額装にできませんか?」と頼むと「そんな抽象的に言われても困る」と怒られましたね(笑)。

ヒロ それなら、先生が普段作られている印譜もアクリルの額にはめてモダンな感じに仕上げるのもいいかもしれませんね。

真鍋 良いですね。ほかには、ヒロさんに薦められた錆びた鉄で額装をしてみましたが…あれは重いですわ。

ヒロ 重いです(笑)。鉄でなくても銅板や緑青を吹いた薄い鉄なんかでも良いかもしれませんね。銅板でしたら、ホームセンターなんかでも買 えますしね。あとは、銅を下地に酸で文字を書いても面白いかもしれま せん。

真鍋 なるほど、酸で書いたところだけが腐食されて。

ヒロ 銅版画家たちは口をそろえて「後片付けが大変だ」と言っていますがね。希硝酸が劇薬で、産業廃棄物になってしまうので。

真鍋 書くとなったら、筆をひとつボツにするつもりでとなりますね。 知り合いの理科の先生に聞いてみよう……。最近新しいことをしようという意欲がとても強くなりました。ヒロさんに鹿革をすすめられたのもその意欲からでしょうか。また色々とトライしてみたくなってきました。

篆刻家 真鍋井蛙

真鍋 書を持つということは、その人と関わることだと最近よく思います。書の練習や手本の延長で買ったり持っても仕方ないなと思い始めてきました…掛けていても全く楽しくないのですね。感動しない。どれも同じに見えて、埋もれてしまうのでしょうね。最近、アウトサイダー的なものに自分も憧れるようになりました。

ヒロ 「人が見えてこない」ということですか?

真鍋 そうなんです!その作家のことを知らなくても「人が見えてこない」といかんと思うのです。

ヒロ まさに先生と熊谷守一作品の出会いがそうですよね。エッセイで残されている、京都の路地裏の骨董屋さんで衝撃的に出会ったという。

真鍋 それまで、熊谷は全然知らない人でしたもん。

ヒロ そういう作品との出会いの感動は普遍的なものだと思うんですよね。その作品をどこに持って行っても、似たような感情や感激を持ってくれる人が現れてくれるというか。

ヒロ画廊 店主 廣畑政也

真鍋 そうなんですよね。

ヒロ ヒロ画廊で展示をしていただいている県外の作家とよく話します。画廊のある橋本市は人口6万人ほどの街です。その規模の街で、まず見ず知らずのおひとりにコレクションされるのが大事だと。それを全国規模に拡大すれば……。

真鍋 単純計算すれば、ということですね。

ヒロ 受け容れていく人や場所が増えていって、拡がりが見えてきて…作家活動というのはそのように広げていくものだと思います。

真鍋 作品を飾ってもらえるという点で……先日、京都で陶芸家の小林東五さんと対談をしました。そのなかで「個性というのは一生懸命に出そうと思わなくても勝手に出てくるものだ。出てこない人はやめたほうがいい」という点で話が合いました。

ヒロ 集中して作家活動をされるなかで醸成されるものは確かにあるでしょうね。

ー先生はおいくつから、いわゆる「作家」なのでしょうか?日展の初入選が33歳でしたね。

真鍋 その辺りから作家意識は確かに芽生えました。入選するまでは日展に入りたくてたまりませんでした。生まれたときから作家だった、とも思いますね。

ヒロ 画廊で関わりのある方ですと、退職されてから時間が出来て、誰かに師事されて、60歳から思うように絵を描くという人もいますね。それまでも地方の団体展で実績を積み重ねられていたりしますし。

真鍋 作家意識……自分の場合は薄いかもしれません。そもそも作家って何だろうとはいつも思います。我々のジャンルで作家と名乗って活動している人はどれだけいるだろう。僕なんかですと好きで作っているという意識がかなり強いです。

ヒロ このまえ画廊で個展をした鉄作家は作家活動だけで食べられず、鉄工所のアルバイトなどで生計を立てていました。「自分は食べられないときもあったけど、大学や学校の先生をしつつ作家活動をしている人とは、全然違う」とはっきりと一線を画していました。ぼくは、両方ともどう発想していくかが大事だと思っている。作家が好きなことをやって、作品を創りだしていって、世間が評価することが大事なんだとおもう。

真鍋 ぼくもそう思うんですよね。

ヒロ 家族が居れば問題は別ですが。けど、家族が支える場合もあり ます。山岳画家・畦地梅太郎の個展を過去に企画して、娘さんにお話しを聞く機会がありました。「うちの父が作家で食べられるようになったのは80歳からでした」と仰ってました。その後彼は96歳で亡くなるまで絵を描き続けましたね。

真鍋 「作家の定義」という話になりますね。僕の場合だと、ものをつくるのが好きだった、シンプルに。 高校の卒業文集に「俺は書家になるぞ」と書いてあるんですね。その頃は書家や作家もどういうものかわからなくて、自分は習字がうまいと思っていたからそう書いただけと思うのですが。やはり、この世界に入ってみるといろいろなものがありますし、書が芸術かといわれてみれば、僕自身芸術の定義もはっきりわかりませんから。書は教育のなかにある、文字の伝達手段だ、という意見もありますしね。

ヒロ 自分が一番かかわりの長い画家でイギリスのグラハム・クラークという作家がいます。今も75歳で健在ですが、彼は5歳のときに既に作家を意識していたと言ってました。

真鍋 5歳ですか。

ヒロ はい。作家になろうと思ったら何をしないといけないかと考える と、絵を描くのはもちろん好きだっ たし、次に歴史を学ばないといけない。学んだことが「ヒストリーオブイングランド」というシリーズとしてエリザベス女王にコレクションされ、サッチャー夫人や故寛仁親王もコレクターでした。彼は日本でもものすごい数の作品がコレクションされています。

真鍋 アートを買うこと。これ、ヒロさんや骨董商の方とよくお話しします。書道の場合、海外の方には、井上有一、森田子龍といった世界に通用する、ハートに響くものでないと求められていないと感じています。あとは白隠慧鶴の迫力なんかも彼らには響いていますね。

ヒロ 作品から発しているエネルギーに反応しているのでしょうね。

真鍋 たぶん、そうなんですよね。

ヒロ 先のイギリスの作家は自分の作風を「ベリースペシャルワンパターン」と言ってます(笑)。

真鍋 ははは(笑)。

ヒロ 毎回の展示では似たような作品がずらーっと並ぶのですが、よくよく細かい点を見ると密度も濃くなっていたり、色使いや描き込みも洗練されていっているんですよね。

真鍋 さきほどのコレクションの話になりますが…作家のなかでコレクションをする人っていうのは、自分のなか(作風)に取り入れる人と単にコレクションされる人の二パターンですね。たとえば、出光佐三は仙厓義梵をコレクションをした。佐三はものをつくらない。わたしは言わば作家だけど、その血や肉となるものを取り入れ続けていきたいですね。

ヒロ 言わばって(笑)。取り入れるという話ですと、ある人がピカソのアトリエを訪ねるとモジリアーニやブラックの作品があったそうです。

真鍋 ピカソがコレクションしていたのですか?

ヒロ ちがうんです。ピカソが模写して自分に取り込んでいたんですね。高いレベルの話になりますと、画廊で展示をしていただいている作家に、東京芸術大学卒の方も何人かいらっ しゃいます。彼らのレベルで実績を積まれると、自分の分野だと技術的になんでも出来てしまう。東京芸大がすべてだとは思わないですけど、最終的に自分の限界を越えたカラーを築き上げるには他の作家の色を取り込む作業が必要なように思いますね。

真鍋 ヒロさんの仕事ですと、この絵(変形40号・左写真の緑の作品)だと大きいお家に納めたい、という気持ちもあるのですか?

ヒロ そういうのは、個展を企画したときに、自然と作品がどのお客さまに納まるか決まっているような気がします。

真鍋 企画したときに?

ヒロ ええ、最終的に自分が「この作家、良いですよ」とお客さんに自信を持って話せる作家しか企画しませんので。逆に、作風が良いと思っても、作家との折りが合わない場合もありますね。展示をしても一回きりという場合もあります。現在展示中の版画作家も30年前から知っていました。それが時間を経つにつれ、画廊とつながることもあります。

關山陣陣蒼(7.3 x 7.4 cm 2018 改組 新 日展第5回日展 第5科 書 特選受賞作品)

[略歴]
真鍋 井蛙(まなべ せいあ)
1955(昭和30)年、香川県生まれ。
奈良教育大学で、篆刻界の第一人者・梅舒適氏に出会い師事。
現在、日本篆刻家協会副理事長、読売書法会理事、日展会友、
日本書芸院理事、中国西泠印社名誉社員。

[著書]
『ほれば印です』(芸術新聞社)、『超かんたん篆刻』(同)、
『来楚生篆刻秘法』(二玄社)、『篆刻般若心経』(三圭社)、
『はじめての篆刻入門』(淡交社)、『もうひとりの熊谷守一』(里文出版)など。