草花のある暮らし展 大野八生(絵・庭)・高野好子(陶)


2018年11月9日[金]— 11月18日[日]11:00am -6:00pm

[略歴]
大野 八生(おおの・やよい)
園芸好きの祖父のもと幼い頃から植物に親しむ。植物に携わる様々な仕事を経て庭をつくる仕事へ。
造園会社退社後、それまで描きつづけてきたイラストと植物の仕事でフリーとなる。
現在イラストレーターと造園家として活動。NHK「趣味の園芸ビギナーズ」や光村図書の小学校教科書の表紙イラストを手がける。
著書「夏のクリスマスローズ」アートン新社、
「にわのともだち」「じょうろさん」偕成社、
「盆栽えほん」あすなろ書房、「小学校国語教科書,表紙」光村図書出版

高野 好子(たかの・よしこ)
大阪府河内長野市出身
1981 南三岐男氏に師事、作陶を始める
1988 第22回女流陶芸展毎日放送賞
1990 女流陶芸会員となる
1992 国際陶磁器展美濃’92入選
1997 日本陶芸展入選(同’03)
1999 やきもの塾 アトリエ風土器開塾
2000 ギャラリー木空舎にて個展
2005 「現代日本の陶芸」収載及び記念展
2008 高野好子 陶の世界展(羽曳野市主催)
2012 女流陶芸 in EHIME展(愛媛県美術館)
2014 「町家でART」個展(高野街道酒造通り)
現在、河内長野市在住・やきもの塾アトリエ風土器主宰